NEWS

メソ・ライト事業部の発足にあたって

− 環境技術を発信するステージ −

私たちが住む地球は今、安くて便利な石油文明による負の遺産、環境汚染と温暖化に悲鳴を挙げています。それによる恩恵がいくら大きくても、環境条件に適合できなくなった文明が、 淘汰されるのは自然の法則です。

深刻な地球環境問題は世界共通の課題となり、その対策が急がれていますが、それには石油文明から脱皮しながら新たな文明に向かうしかありません。 新たな文明を創造する指針となるキーワードは“自然”であり、それを具現化する必須の条件は、自然の素材とエネルギーを高度に活用する環境技術のイノベーションです。 その展開によって新たな産業経済を構築し、自然と共生する持続可能な社会を展望することだと考えています。

世界各地で起こる異常気象や海洋にまで広がるプラスチックごみの実態をみると、誰一人避けて通れないのが現在の地球環境問題です。課題はグローバルですが、その一歩は足元からです。

このような理念から新たなステージを設け、 環境技術の提案にチャレンジすることになりました。その主役は北海道で産出するメソポア珪藻土と呼ぶ自然素材です。従来から知られる珪藻土が進化したナノ多孔体であり、自然が創造したナノテクノロジーの素材です。ナノサイズの細孔が異次元の環境特性を発揮し、様々な環境分野に利用することができます。

この事業部に付けたメソ・ライトの名称には、メソポアが持つ環境特性を磨き光らせ、世界に翔せたいという思いを込めています。メソポア珪藻土と自然素材を活用した環境技術について、お客様とともに研究し、石油文明に依存しない住まいと暮らしの発信に、鋭意努力する所存です。

これまでと同様のご支援を心よりお願い申し上げます。

メソ・ライト事業 統括責任者
執行役員 首都圏営業部長
佐野 純哉

お知らせ一覧